教育目標


トップページ


 学校教育目標


「心身ともに健康で活動力に満ちた子」


 目指す児童像

(1)よく考え本気で学習する子
(2)思いやりがあり、責任感の強い子
(3)たくましく気力のある子

 学校経営の重点

一人ひとりの子どもが心身ともに健康で、たくましく育ってほしいという願いは、親や教師・社会の切実な願いである。私達はこの願いを果たすために学校においてすぐれた知性 豊かな感性 たくましい身体 の育成を期さなければならない。そこで、私たちの志向する学校教育目標の具現化は、この知・徳・体の調和のとれた教育の推進を図ることによって果たされる。すなわち、自ら生きる力、共に生きる力、たくましく生きる力(総称して「生きる力」)を育む学校を創造していくことである。

また、この教育は学校・家庭・地域が一体となって協力し、それぞれの教育的役割を認識し、真剣に取り組むことなしには果たされない.それには、まず、職員の相互理解と協力により、意欲的に参画できる学校経営をめざしていくことが大切である。

(1)学級・学年経営を重視し、相互の緊密な連携と協働により、学校教育目標の具現
   化を図る。
(2)教育課程の実施に当たっては、計画・実践・評価のサイクルを重視し、教育方法
   の改善の一環である少人数指導及びその他教育方法の工夫改善・教材の発掘など
   に努める。
(3)学習指導に当たてっては、学習指導要領に基づき、特に、基礎的・基本的な内容
   の指導を徹底するとともに、一人ひとりの個性と能力を伸ばし、「生きる力」が
   育まれる学習を進める。その為に週の指導計画に基づいて指導にあたるとともに
   具体的な活動や体験を重視した学習活動に努め、自ら学ぶ力を育てるようにする。
(4)「心の教育」の充実を図ることは、いつの時代でも大切で、人としての『不易』
   の部分である。学校教育活動全体を通じて、児童の発達に応じて、豊かな心を持ち
   たくましく生きる人間の育成を図るとともに生命尊重の心を育て、いじめ問題等
   の撲滅に努める。また、児童指導に当たっては、一人ひとりの児童理解に努め、
   常にその児童にあったきめ細かい指導をし、児童一人ひとりの居場所確保に努め
   思いやりのある心情を育成し、道徳指導の一層の充実に努める。
(5)我が国や諸外国の文化を理解し、特に「英語活動」に親しむとともに、国際社会
   に生きる日本人としての資質を養うようにする。
(6)「環境は人をつくる」を大切にし、好ましい人間関係を確立させながら、
   教育環境の整備・充実に努めるとともに環境学習の充実を図る。
(7)全職員が組織体の一員として、個々の特性を発揮しながら、協力体制と研修の
   充実に努め、統一ある学校経営を図る。
(8)家庭や地域との緊密な連携に努めながら、信頼関係のもとに地域に根ざした教育
   活動を展開する。また、開かれた学校づくりを目指して努力し、保護者、地域の
   方に本校の教育内容等を説明し、理解、協力を図る。更に学校評議員・保護者か
   ら「学校評価」にご協力を頂き、より良い学校づくりに努める。
   
 ひびきあう
   準備中
 グランドデザイン
準備中

 

 


ページトップへ